手術方法は様々

手術方法は様々

手術方法は様々 豊胸は医院ごとに行っている手術方法が異なります。
豊胸手術の種類は大きく分けて、バッグ挿入法。
脂肪注入法・ヒアルロン酸注入法の3つです。
バック挿入法は人工シリコンをバストに挿入するというもので、最もバストのサイズアップが期待できます。
挿入するシリコンの大きさによっては、2カップ以上のバストアップも夢ではありません。

脂肪注入法は自分の脂肪で、バストのサイズを大きくするという施術です。
お腹や太ももなど身体についている余分な脂肪をまず吸引し、その脂肪をバストに入れていきます。
自分の脂肪を使っているので見た目はもちろん、触り心地もとても自然です。
また、アレルギー反応が起こらないというメリットもあります。

ヒアルロン酸注入法はメスを使わない、いわゆるプチ整形の1つです。
弾力性のあるヒアルロン酸を注射器で、バストに注入してサイズアップします。
プチ整形ですので傷跡が残らない、ダウンタイムの心配がほとんど無い点が魅力です。

豊胸の手術と麻酔と安心して治療をお願いすることができること

豊胸の手術と麻酔と安心して治療をお願いすることができること バストを大きくしたいけれど治療中の痛みが気になり、豊胸を行動に移すことができない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
豊胸の手術は麻酔を使用するため、心配する必要はありません。
手術中は完全に眠っていた方が良いという方は、全身麻酔をお願いすることができます。
また、治療中にサイズや形をチェックしたい方は、部位の周辺のみを無痛とすることも可能です。
安心して治療をお願いすることができるのではないでしょうか。
治療法としては、人工乳腺法や脂肪注入法、ヒアルロン酸注入術の方法があげられます。
人工乳腺法は、シリコンジェルバックを入れる方法で、本物のバストに近い仕上がりになるということで人気です。
異物を入れるのは抵抗を感じるという方は、脂肪注入法がよいかもしれません。
太ももやお腹から脂肪を採取し注入するため、安心することができるのではないでしょうか。
ヒアルロン酸注入術の場合は、高品質で安全性の高いヒアルロン酸を注入することになります。
希望の部分への注入や全体的なバストアップも可能で、イメージ通りのバストを作り上げることが可能です。
傷に関しては、施術後1週間程度でほとんど目立たなくなります。
健康診断を受ける際レントゲンが気になるという方がいらっしゃるかもしれません。
レントゲンには写らないため、施術を受けたことを知られることはありません。