最新の豊胸情報まとめ

豊胸手術の人工乳腺法の特徴

豊胸手術の人工乳腺法の特徴 豊胸手術の1つである人工乳腺法は、名前の通り人工の乳腺をバスト部分に挿入してサイズアップしていく施術になります。
バストアップ施術にはヒアルロン酸注入法や脂肪注入法などがありますが、これらは約3年ほどで体に吸収されるというデメリットがあります。
それに対して、人工乳腺を使ったケアは、施術をしたら効果が半永久的に継続するのが特徴です。
人工乳腺と言うと感触が硬かったり、見た目が不自然になりそうというイメージがありますが、最新のものは自然に近い仕上がりが期待できます。
触った感じも柔らかく、バストの形も丸型やしずく型など、自分の理想に近い形にできるのが嬉しいポイントと言えます。
豊胸手術にかかる時間は約1時間ほどになります。
ワキの下のシワに沿って肌を切開し、人工乳腺を挿入するので、傷跡を目立ちにくくすることができます。
施術後の腫れや内出血は、約2週間ほどで落ち着くのが一般的です。
痛みは1週間ほど続きますが、痛み止めが処方されるので安心です。

豊胸手術の中の脂肪注入法が根強い人気があります

豊胸手術の中の脂肪注入法が根強い人気があります 豊満な胸に憧れるのはすべての女性に共通しているといっていいでしょう。
豊胸手術の一つに脂肪注入法があります。
これは、サイズを落としたい部分の脂肪を吸引して、それを胸のところに注入することによって、均整の取れた理想的なプロポーションが実現するというものです。
言い換えますと、体型がスリムになると同時に豊胸効果が得られるという一石二鳥の手術であることになります。
自分自身の脂肪を使って行いますので、拒絶反応が起こることもなく安全性も確かであるところから実施例が増えてきています。
脂肪注入法の特徴としては、目覚ましいばかりにバストアップをすることは困難であり、バストを少し大きくしたいと望んでいる人には最適であるという点にあります。
あわせて、吸引した脂肪を有効活用したいとか、人工乳腺などの異物を胸の中に入れることに抵抗を感じている人、あるいはおなかまわりや下半身の肉付きが豊富なのにバストが小さいことを悩んでいる人からは、非常に喜ばれている豊胸術です。